乾燥・敏感肌におすすめのオリーブ石鹸の成分と効果

オリーブ石鹸とは

オリーブ石鹸とは、その名の通りオリーブオイルを原料として作られた石鹸です。
オリーブオイルというと、健康に良いというイメージがありますが、実は肌にも良く、古くから石鹸素材や美容液などにも使われてきました。
オリーブオイルは、最近では日本国内でも栽培されていますが、元はシリアやイスラエル、パレスチナをはじめイタリアやスペインなど地中海沿岸で栽培されていました。

オリーブ石鹸の使用用途

オリーブ石鹸は、石鹸なので洗顔としてはもちろん、ボディーソープ代わりにボディを洗うこともできますし、中にはシャンプーとして洗髪に使う人もいます。
特に冬場など、肌が乾燥する季節にボディーソープの代わりにオリーブオイルで全身を洗うとボディーソープのように皮脂を過剰に奪われることがなく、しっとりと保つことができます。

オリーブ石鹸の特徴

では、オリーブ石鹸の特徴を見ていきましょう。

  • ・皮脂を残して細胞間皮脂を落とす
    →オリーブ石鹸は、洗浄力としてはそれほど高くないため、洗顔料に比べ皮脂を落としすぎることがありません
  • ・オレイン酸で肌がしっとりする
    →オレイン酸は肌とのなじみが良くしっとりします。そのためオリーブ石鹸で洗った後は肌がしっとり柔らかくなります
  • ・低刺激
    →オリーブ石鹸に含まれるオレイン酸は低刺激のため、肌に刺激を与えることはありません

オリーブ石鹸を使うメリット・デメリット

肌に良さそうなことはわかったけれど、それではオリーブ石鹸を使うメリットとデメリットはなんでしょうか。

オリーブ石鹸のメリット

  • ・皮脂を落としすぎない&オレイン酸の効果で肌が乾燥しにくい
  • ・肌のバリア機能を守る
  • ・低刺激なので敏感肌やアトピーでも使える
  • ・全身に使える
  • ・コストパフォーマンスが高い

オリーブ石鹸のデメリット

  • ・皮脂を落とす力が弱いのでニキビ肌には向かない
  • ・純度の高いオリーブ石鹸は溶けやすい

↑ PAGE TOP